2022/08/08

Mobile Fidelity のOriginal Master Recording レコードはデジタルコピーからカットされた!? ー MoFi Gateとその顛末


7月半ば、2015年以降に発売されたMobile Fidelity Sound Lab 社(MoFiと略)のOriginal Master Recordingシリーズのアナログ盤レコードは、実際には制作過程でデジタル加工されていたと欧米のオーディオ・マニア、レコード・マニアがネットで大炎上しました。



その始まりはこのYouTube 動画。アメリカ、アリゾナ州でレコード店を営み、ネット上のインフルエンサーでもあるMike Esposito氏のYouTube チャンネル「THE `IN`GOOVE」で氏が、信頼できるソースから得た情報として、モービル・フィデリティー社のオリジナル・マスター・レコーディングのレコードは2015年以降デジタル加工されていたと発信。これに対し、否定、同調、MoFi 社への非難、Esposito氏への非難/支持とオーディオ批評家、オーディオ機器メーカの創業者なども巻き込んで大いに炎上。



数日後、MoFiはMike Esposito氏をカリフォルニア州にある本社に呼び、マスタリング・エンジニア3名とインタービューを実施。そこでエンジニアたちが、同社が「ULTRADISC One-Step」の商品名で売られているレコードを含め大部分のレコードはオリジナルかそれに準じたマスターテープをDSDファイルのコピーし、そのファイルからカッティグしていると率直に認めた。彼らは、オリジナルマスターテープと言っても一つでは無く、技術的な問題があることが多く、DSDにコピーすることが音質的にもベストである場合が多いと言った。長いインタビューですが、カッティングに関しては何度もテストプレスをして試行錯誤を重ね最も音の良いラッカー盤を選んでそれを使ってレコードを製造するとも述べている。



インタービューの後、Esposito氏は後日談を投稿、レコード生産の過程を説明しながら、確かに多くの枚数をオリジナルのマスターテープからカッティングするためには、一本のマスター・アナログ・テープから行うことはそれを劣化らせるという観点からも現実的ではなく、よく考えてみるとMoFiは技術的には妥当な判断をした。最終的にはどのように作られたかではなく、聞いて音で判断すべきと括った。また、MoFiは発売された全てのレコードの音源ソース、何を音源としてカッティングしたか調べ順次同社サイトに掲載していくと約束したと述べた。 実際にMoFi社はそれをおこなっています。 その一例はこちら:https://mofi.com/collections/vinyl/products/michael-jackson-thriller-ultradisc-one-step-33rpm


この一連の出来事をフォローして、まず頭に浮かんだのは、柿崎景二著「デジタル・オーディオの全知識」に収録された著者(ソニー・ミュージックエンタテインメントで機器開発を手がけたレコーディング・スタジオのテクニカル・エンジニア)と大瀧詠一氏との「語り下ろし特別対談」。この対談には大滝氏の「A LONG VACATION 」の異なるプレス/リマスタリング盤がその時点で最も良い音のマスター音源(デジタル・コピーを含む)を探してためオリジナルマスターテープとは異なる音源を用いて製作されいったという事、音の良さを求め異なるデジタルフォーマット、機器を使い分けていったかというような会話が収録されており、加えて『スタジオ機器と『A LONG VACATION』マスターの変遷』というコラムなど、上述のMoFiエンジニアたちが言っていることに相通じるところがあったからです。

ちなみに、この一件の顛末は2022年8月5日付でワシントンポスト紙にも書かれました:
https://www.washingtonpost.com/music/2022/08/05/mofi-records-analog-digital-scandal/ この記事にはMoFi現在の持ち主 Music Direct社 (オンラインオーディオ機器販売、https://www.musicdirect.com/)の社主 Jim Davis氏の談話も入っており、氏はMoFiが行なったインタービューは自分が許可したものではなく、間違いであったというようなことを言っています。

さまざまな組織の不祥事がマスコミを賑わすのが常となってきた近年、MoFiの対応は誤りを認めてそれを正す、誠実で勇気のあるものであり、個人としても見習う価値のあるものだと思いました。Esposito氏も、アナログ至上といった教義的なものではなく、現実的に柔軟にMoFiの対応を評価し、最終的にはレコードを聞いて音で判断すべきという大人の対応であったことも良かったと思います。

最近のMoFi盤ではJim Hall とBill Evansの「Undercurrent」を持っていますが、良い意味で現代的な音の良さで私の愛聴盤の一枚でもあります。予約したマイケル・ジャクソンのスリラーMoFi限定盤にはとても期待しており、DSD音源からカットされることが分かった今も当然ながらは予約のキャンセルはしません。



2022/07/15

「古民家そば屋ふくぎ」 ー 恩納村万座

沖縄に戻ってきて、沖縄そばを食べる機会が増えました(当たり前ではありますが…)。 子供頃はあまり美味しいと思わず、一生懸命食べても麺が減らないものだったという思い出なのですが、大人になって食べると美味しいところが多い(もしかすると、多くなった?)と思うようになりました。 お気に入りの一つは自宅からほど近い、「古民家そば屋ふくぎ」 https://soba-fukugi.com/

お店で食べる今の沖縄そばは、大雑把に言ってトラディショナルと創意・モダンなものに分けられるという印象ですが、「ふくぎ」はトラディショナル。 丁寧にとられているダシがとても美味しい。のってるソーキも三枚肉もそばを生して美味。沖縄の典型的な古民家を改造したお店の雰囲気の最高です。

 

2022/06/23

HiFi Tuning Supreme3 Fuse - オーディオファイル向けヒューズ


日本に戻ってきて、オーディオ機器の電圧が100Vとなったので、ヒューズも変えないと聞けなかったのですが、今まで一番よかったHiFi Tuning Supreme3 Fuse を違う値のものに買い替える前に欲しいものがあったので、とりあえず、アメリカにいた頃に買った予備のディスコ同社のSilver Star(製造中止) などを使っていました。そして、先月やっと購入。 いつも買うカナダのネットショップに在庫がなく、ドイツから。 

やっぱり音はこっちの方が好みです。詳しくはこちらをどうぞ:http://isakusphere.blogspot.com/2019/03/hifi-tuning-supreme3-fuse.html



2022/06/21

父の言葉 ー 私を軽んじないでください


今年2月に98で他界した父の遺品の整理をしていたら、上の写真のようなメモ書きが出てきました。不要になった紙を小さく切ってその裏に書かれており、幾重にもホッチキス止めがされていました。大学教授であった科学者の父は雄弁でしてが、およそ20年ほど前に脳梗塞を患い、その後遺症で言葉がうまく出せなくなっていました。ここ数年は体も衰え、訪問介護、デイケアなどにお世話になっていました。11歳年下であった母は、家にいたいという父の願いを叶えるべく、自宅で介護を続けていましたが、父の最後の入院後、脳梗塞で倒れ、一命は取り止めたものの半身不随と高度脳機能障害という重度の障害で入院生活を余儀なくされています。施設に入った両親や他の入院者の方々を見ていると、それぞれが人生で成し遂げたこと・功績・経験・持つ知識・個性などに関わらず単なる一要介護人となっていることに複雑な心境です。特に一人で十分に生活できていたのがある日突然介護が必要となり、長年住み慣れた自宅で暮らせない様になった母のことを考えると不憫でなりません。 誤解なきように言いますと、それぞれの施設に対する苦情を言いたいわけではありません。これは高齢化社会と介護の今後の課題なのかと思います。自分が父や母の年齢まで生きて介護施設に入ったらどう感じるのか?ということをよく考えるようになっています。

自ら作ったメモ用紙に書いた父の言葉を読み返し、父が個人としての尊厳を認識してもらいたいという強い願いが伝わってくる様に感じています。これらの言葉はどこかに残しておきたいと思ったので、このブログ記すことにしました。


父の言葉

• いつも選択肢のある質問をしてください。二者択一(Yes/No)式の質問は避けてください。

• 全ての行動をステップに分けてください。

•  声を大きくしないでください。

• あなたのエネルギーをおさえて、どうか急がないでください。

• 課題が上手くいかないのは何が障害になっているか見つけてください。

• 私を軽んじないでください。

• 視線を合わせてわたしを見て元気づけてください。

• 見よう見まねのやり方で教えてください。

• どうかわたしの文章を途中で補足しないでください。あるいはわたしが見つけられない言葉を埋めないでください。

• 励ましてほしい、たとえ20年かかろうとも、完全に回復するのだという期待を持たせて下さい。

• 睡眠の治癒力を大切にして下さい。

• 訪問は短く(5分以内に)

• 脳は常に学び続けることができると固く信じてください。

• 順序立てて考えあらわせますか?

• 時間についての何らかの感覚がありますか

• 背景の雑音から声を判別できますか?

• 食べ物を手に取ることができますか

• わたしのエネルギーを守ってください。 

• 小さな成功を全て讃えてください。それが、わたしを勇気づけてくれます。


以上

2022/06/16

トーンアームの交換 ー Linn EKOS

 

ウィーンのオーディオ仲間のノベルトさんに譲ってもらったLP-12(こちら)。

アームの針圧機構が不調で、ダイナミック・バランス型(説明はこちら→オルトフォンHP)のEKOSをスタティック型のように使っていました。一年ちょっと前に、中古のEKOS version 2を適価で見つけたのを良いことに、元々ついていたアームを修理に出してウィーンを離れました。治ってきたらversion 2は売りに出せば良いという魂胆。

コロナロックダウンの真っ只中で4人以上の会食・会合が禁止されていたため多くの友人にお別れを告げられずにウィーンを離れたので、当初の予定では去年9月に戻るつもりでしたが、コロナの渡航規制継続(海外から帰国の際の2週間の自己検疫)のため断念、今年の春は行こうと妻と話していたのですが今度はロシアのウクライナ侵攻で航空便の大幅なキャンセルと運賃高騰でこれまた断念していたのですが、ウィーンのショップからは、日本には送れない、いつ取りに来るのと催促のメール。結局ノベルトさんにお願いしてしてショップから引き取って送ってもらいそれが3週間ほど前に届きました。しかし、仕事が忙しく週末もまとまった時間が取れない日々が続いたため、ずっと箱に入ったまんま。

中古のEKOS version 2は全く問題なく不満もなかったのですが、やはり友情の証であるEKOS original version を使い続けたいと思い、やっと仕事も落ち着いて来たので一昨日ちょっと早めに帰宅し取り替えました。

Original に変えてもversion 2 (SE ではありません、念のため)の時との音の違いは聞き分けることができませんでした(我が家比)。 これでやっとフルにノベルトさんのLP12に戻りました😀

EKOS version2は引き取り手を募集中です。


2022/06/13

Neotech の NER-OCC GD と NER-OCC RH RCA プラグ

 

2ヶ月ほど前の話ですが、アナログ再生周りのケーブルのRCAプラグをNeotech社のNER-OCCプラグへアップグレードしました。 一組はK&K Audio MCステップ・アップトランス(こちら)とフォノイコ(こちら)間、もう一組はフォノイコとプリアンプ間のラインケーブルです。Neotech DG-201 (こちら)からの交換です。両者の違いは素材で、DG-201はOFC(Oxygen Free Copper 無酸素銅)で作られており、NER-OCCにはUPOCC (Ultra Pure Ohno Continuous Casting) Copper つまり大野式(加熱鋳型による)連続鋳造法で作られた単結晶状超高純度無酸素銅が使われています。何が超高純度かというと、ここでは99.99998%のようです。ハンダは去年行ったハンダテスト(こちら)で最も好ましいと思ったMundorf Supreme 9.5%Silver  Gold Solder(錫88.6%/銅1.8%/銀9.5%/金0.1%)を使用。銅線はDuelund Silver Foil & silk in oil wire, version 1.0, 写真のように銅箔がオイルに浸された絹で巻かれたもので、Version 1.0 ですと銅箔の幅が2.5mm 厚さが0.25mmです。

色々と試した結果、今一番気に入っているものです。安くはありませんがこれで作ったラインケーブルは我が家比ですと20万円以上(1mペア)する既製品に匹敵するものがその数分の1に価格でできると思いました。4.5mm x 0.25mmのversion 2.0と6mm x 0.3mmのversion3.0がありますが、あまりも高価で使い勝手も悪そうなのでまだ試していませんがいずれ使ってみたいとは思っています。

アナログ再生ですので、若干柔らかしさが欲しいかなと思ったので、トランス→フォノイコ間は金メッキのNER-OCC GDをフォノイコ→プリアンプ間はとりあえずロジウムメッキのNER-OCC RHを使いました。

ムンドルフのハンダは無鉛で銀・銅の割合が高いせいか使いづらく、シールドしているトランス→フォノイコ間は特に難儀し、半日ほどかかって完了。ひと月ほどDAC→プリ→パワーアンプ間でエージングさせて、アナログ機器に繋ぎましたが、最近になってやっと音がこなれ本来の音が出ているような気がしています。

OFCのDG-201と同じ方向性の音ですが、NER-OCCはよりクリアでかつより自然、そしてより高い静寂感が得られるようになったと思います。こうなるとわかっていたら、他を試さずに最初からNER-OCCを買っていたと思います。


私はNER-OCCをここから買いました:hificollective.co.uk/phono_plugs/neotech.html

2022/06/09

海洋食堂 ー 沖縄県豊見城市名嘉地



母が脳梗塞で倒れ、今年2月から豊見城市にあるリハビリ病院に入院しています。コロナ対策で面会はできないのですが、医師との面談、差し入れなどのために月に2回ほど通っています。恩納村からは遠いので用事の前後に食事をとるのですが、病院の近くに見つけたのがこの海洋食堂。元々、豆腐屋だったのが収益拡充のために食堂を始めたそうで、開業の時に沖縄海洋博が開かれていたのが名前の由来だそうです。使っている豆腐は全て自家製。

大きく括ると一般的な沖縄の食堂ではありますが、夫婦共々特に気に入って病院に行くときには必ず寄ります。お遅めのお昼をとることが多く、その際には必ず夜のお弁当・おかずも買って帰ります。味も好みで美味しいし、観光客が多いながらも地元に根付いたコミュティーの雰囲気がしっかりとあって、働く方々がテキパキとしていて居心地も良いのです。

もちろんお勧めは豆腐を使った料理ですが、豆腐の入っていないフーチャンプルなども美味。お近くに行かれた際には是非お試しください。



沖縄に戻ってきてもう1年を過ぎましたが、40年ぶりに住んでみると、このような食堂は沖縄独特なものであり、そこで食べる料理は自分にとってのソウルフードであったということを再認識しました。

豆腐チャンプルー、定食にはご飯、ミニ沖縄そば、おからの小鉢、沢庵がついてきます


2022/05/13

アモルメットコアを試した


ようやく、前から興味があった中村製作所のアモルメットコアを試しました。ネットでは 音声信号が通るケーブル(ライン・スピーカー)に使う場合が多いようですが、この手のものは、なんとなくそれは嫌な気がして(あくまでも個人的な好み)て電源ケーブルで試聴。我が家では、Supra LoRad 3x2.5 SPCケーブル(こちら) にFurutech FI-28 コンセット及びIECインレット プラグ (こちら)。インレットプラグの中にはファインメット・コアを入れています。F I -28 は主にGoldを使っていますが、機器によりもっと音に広がりがあった方が良いと思う場合はRohdiumを使用。


このようにファインメットコアをインレット内に取り付けています

インレットプラグの中にはファインメット・コアを入れています。今回はこのファインメット・コアをコモンモード専用のAmormet NSに換えてみました。試す機器はまずDAC(こちら)。 我が家では、DACが電源周りの変化による音の違いが一番はっきりと聴き取れる機器だからです。

一言で音はどう変わったかというと、今までデジタル再生で気になっていた癖のようなものが無くなったということかと思います。語弊があるといけないのですが、ここでいう癖のようなものというのは、長年聴き続けてきて徐々に気になってくる音の臭いのようなものかと思います。 具体的に低域・高域云々というのではなく、付帯する音色の特徴ととも言えるかも知れません。この癖のようなものがなくなったおかげで気になるところが無くなりよりリラックスして音楽を楽しく聴けるようになったかと思います。それまでは聴く度に、我が家のデジタル再生の音質は頭打ちになってきた、何か大きな変化(例えばDACを変えるとか?)が必要か?と悩んでいました。


アマゾンのアモルメット・コアのページ:https://amzn.to/3wlHwPQ


2022/05/11

梅雨の間の晴れ間

沖縄は一足先に梅雨入り。でも昨日はこのように晴れ。


沖縄はさんにん(月桃)の花が咲く季節です。



翌朝は梅雨の日に逆戻り。




2022/04/26

帰国後初めて中古レコード屋に行ってきました!


2週間ほど前、所用で名古屋に行ってきました。 1日は中古レコード屋に行きますと宣言し、だいぶ前から行ってみたかったショップ(こちら)を訪ねるのを楽しみにしていたのですがたまたま僕が空いていた水曜日は定休日。それではと滞在していたホテル近くに最近できたというDisk Union 買取センターへ。中古レコード屋に行ったのはほど一年半ぶり。思ったほどアナログ盤の在庫は多くなく、レコード漁りリハビリには最適だったかも…。トミー・フラナガンが好きなので上の写真の2枚(日本盤)が帯なしで手頃な価格であったのでゲット。これらは僕的に当たり。そしてこれまた格安だったジャッキー・アンド・ロイのオリジナル盤も…でもこれはちょっとハズレでした。 ワクチン3回接種を済ましていますが中古レコード屋さんへ行くのはちょっとドキドキでした。でも楽しかった!


名古屋は美味しいものが多いので色々と食べたいものがあるのですが、必ず食べるのはこれ。 我が家は、いつも山本屋本店です。

2022/04/06

光城精工 Crystal 6.1


電源タップ は、数ヶ月前に光城精工のCrystal 6.1(上の写真)を購入、最近Crystal 3Pを追加しました。それまでは14年ほど前に買ったフルテックのE-TP60を使っていました。

それぞれ良いところがあると思いますが我が家ではCrystalシリーズの方が重心が下がった感じの音になり特に解像度が落ちる印象もないのでより好みに合っているかなと思っています。我が家ではE-TP60を使うと繊細でスッキリと見通しの良い感じに聞こえます。どちらもオーディオ用電源タップとしてはコスパが高いかと思いますのであとはシステムとの相性と好みかと思います。


2022/03/28

MACTONE M63のゴソゴソ


Elekit TU-8800のヒューズをオーディオ用のもの(こちら)に変えるため、一旦システムから外してその間MACTONE M63 (こちら)にパワーアンプを入れ替え。 TU-8800はニューズを変えるのにもエンクロジャーを開けないといけないのでちょっと面倒なのです。

M63を使っていると、ゴソゴソと耳かきでみみを掃除しているような音が聞こえるので、もしかして真空管が劣化か?あるいはカップリングコンデンサー?と悪い方向のことがまず頭に浮かびましたが、とりあえずは真空管の差し込みに緩みはないかを試すためにカバー(ボンネット)を外してチェック。だいぶ年季が入っているのでソケットにあそびがあるようでしたが、一応全ての真空管を抜いて・差して、再接続して音をしてみるとゴソゴソが出なくなりました。今のところ大丈夫なので一安心しているのですが…。

2022/03/25

Elekit TU-8800 (ルンダール出力トランス+パーツアップグレード版) 完成



製作中と紹介させていただいたElekit TU-8800 (ルンダール出力トランス+パーツアップグレード版)(こちら) が 完成しました! まだエージング中ですが、いい音で鳴ってくれています。5極菅シングルアンプは以前から一度作って使ってみたいと思っていましたがようやく叶いました😃ちなみに私はボリュームの代わりに固定抵抗を入れてパワーアンプとして使う様にしました。

エージング中とはいえ、この時のために少しずつ調達してきた真空管を試し始めています。今のところ、気に入っているのが英国Brimar社製の6V6GTY/CV/611 (軍用仕様)と Mullard ECC81/12AT7/CV4024 (軍用管・Watford Valves社 クライオ処理バージョン)。いずれ詳しく
レポートしますが、シングルだからなのか出力管の違いがはっきりと音に出てきます。

現行品の出力管はロシア製のもが主流です。すでに私も何組か持っていますが、ウクライナのことを考えるとさらに買い足そうとは思えません。